モーニングショードットTokyoのブログ

日頃、感じたことを素直に表現します!電気自動車やwebアンケート、メンタルヘルス、食べるもの・飲むものなどについて書いていきます!

スポンサード・リンクad

【アンケート!】あなたはカジュアルでもビジネスでもメーカーによってサイズ感が違う『靴』を購入するのはどこですか?(※ネット店舗の場合、サイズ違いによる返品交換okを含みます。)

f:id:tksm0031:20191106110425j:plain

 

f:id:tksm0031:20191106110438j:plain

,257通の送信に対し、回収数は228票となり2.4%の回収率となりました。 調査期間は24時間でした。また、インプレッションによる回収率は、5.1となりました。

 

 

※「インプレッション」と「エンゲージメント総数」情報を参考までに添付します。

 

 

 

 

今回の設問は、「あなたはカジュアルでもビジネスでもメーカーによってサイズ感が違う『靴』を購入するのはどこですか?(※ネット店舗の場合、サイズ違いによる返品交換okを含みます。)でした。

  

 

 

 

 

 

第1位は、「リアル店舗」で64%を獲得しました。

 

 

 

やはり、実店舗での購入がメインでした。

ネット店舗には個人的にも少し抵抗があります。最近でこそ、ネット店舗でも「返品可能」と銘打ち、「片道送料のみ店側負担」なる文字も見掛けられます。これでも如何なものかと思われます。もっと、最近のテレビCMで良く見かける洋服の何回でも試着OKのように、サイズに合うまで「相互完全返品送料無料システム」を採用しない限り、実店舗には対抗できないのではないか。

 

消費者にとって、いくら返品の片道送料を店側が負担しますと言われても、返品してまた受け取るという行為自体、もしかしたら何週間も掛かるかもしれないし、最終的にサイズの在庫が無くなってしまうなど「手間」が最も心理的に負担になっていると思います。それなら、最初から、0.5mm単位であれば、前後0.5mmの3足(カラー・デザインは同じ)を同時に送付し合った物のみを消費者は支払い、残りの2足は無料で宅配業者へ手渡すというシステムなら安心して購入できそうですね。

 

宅配業者とそのような契約を結べば可能と思います。よくある家電の修理品を送付する時やリコール製品を返品する際のシステムを少し変更させるだけではないでしょうか。

 

スポンサード・リンク

スポンサード・リンク

スポンサード・リンク

スポンサード・リンク