モーニングショードットTokyoのブログ

日頃、感じたことを素直に表現します!電気自動車やwebアンケート、メンタルヘルス、食べるもの・飲むものなどについて書いていきます!

スポンサード・リンクad

【アンケート!】給与所得者の方へおたずねします。あなたは毎月会社等から給与等と同時にもらう給与明細書の中の『所得税』や『社会保険料』の天引きの欄を確認されていますか?

f:id:tksm0031:20191018114356j:plain

f:id:tksm0031:20191018114424j:plain

,171通の送信に対し、回収数は417票となり4.5%の回収率となりました。 調査期間は24時間でした。また、インプレッションによる回収率は、11.0となりました。

 

 

※「インプレッション」と「エンゲージメント総数」情報を参考までに添付します。

 

 

 

 

今回の設問は、「給与所得者の方へおたずねします。あなたは毎月会社等から給与等と同時にもらう給与明細書の中の『所得税』や『社会保険料』の天引きの欄を確認されていますか?でした。

  

 

 

 

第1位は、「している」で62%を獲得しました。

 

 見ている人は約6割、見ていない人は約4割という結果になりました。

 

会社等によって異なりますが、所得税社会保険料以外にもその会社等独自の天引き(控除)されているものがあるかも知れません。

例えば、福利厚生に基づく「互助会会費」であるとか、取り敢えず一旦会社が立て替えておいて給料で相殺する物などです。

 

まぁ、最近は殆どの会社が給与管理ソフトなどデジタル処理されていますから、足し算や引き算などの計算で間違うことは無くても、その大元のデータの入れ間違いとか給与計算担当者による錯誤などで発生するミスは一人だけの誤計算に留まらず、全員の計算ミスになるので要注意ですね。

ただ、最近ではもっと進んだところでは、アプリケーション自体がインターネット上(クラウド)にあるASPなどもあるため、細かな税制改正の反映であるとか社会保険料の料率変更であるとかはそのクラウドを運営している会社で大元のアプリに変更をかければ大丈夫ですね。

ですから、今回の設問においても所属する会社がどのように給与計算をしているのかそれによって「確認する、確認しない」のリスクは異なってきますね。

 

スポンサード・リンク

スポンサード・リンク

スポンサード・リンク

スポンサード・リンク