モーニングショードットTokyoのブログ

日頃、感じたことを素直に表現します!電気自動車やwebアンケート、メンタルヘルス、食べるもの・飲むものなどについて書いていきます!

スポンサード・リンクad

【アンケート!】あなたは、亡くなった人の骨を火葬場で拾ったことはありますか?

f:id:tksm0031:20190902125413j:plain

,993通の送信に対し、回収数は571票となり6.3%の回収率となりました。 調査期間は24時間でした。また、インプレッションによる回収率は13.8%となりました。

 

 

  

 

 

 

 

※「インプレッション」と「エンゲージメント総数」情報を参考までに添付します。

 

f:id:tksm0031:20190902125437j:plain

今回の設問は、「あなたは、亡くなった人の骨を火葬場で拾ったことはありますか?」でした。

  

 

 

 

 

 

第1位は、「ある」で88%を獲得しました。

 

「幼少期にあるかも」の2%を含めれば、実に90%の人たちが「経験あり」と答えています。

確かにこれだけ超高齢化社会へ突入して何十年か経てば、経験者でない方を探すのが大変でしょう。

 

火葬場で、「骨を拾う」のも最近変わってきているようだ。私の場合は、長い箸のような物で1人が1本持ち、二人でそれこそ息を合わせ、1個(本)の骨をバランス良くつまみ上げ壺に入れないといけないので結構難しかった。今では普通に1人で2本持ち普通のお箸のようにつまむ所もあるようです。

 

骨壺も東日本と西日本では「大きさ」が全く違うようです。東日本は「大きく7寸」、西日本は「小さく3寸~5寸」のようです。 

ですから、東日本の大きな骨壺には、ほぼ全身の骨を入れる「総収骨」、西日本の小さな骨壺には少量でその壺の中で喉ぼとけを使い人間を形づくる風習(部分収骨)があるところもあります。そして入れなかった残りの骨は京都のお寺さんへ供養のため送りますという説明があるらしいです。

 

東日本と西日本に分けましたが、西日本でも総収骨の習慣を持つ九州・沖縄もあります。また、四国でも徳島は部分収骨、香川・愛媛・高知は総収骨の習慣があるそうです。

 

日本は本当に広いもんですね。

スポンサード・リンク

スポンサード・リンク

スポンサード・リンク

スポンサード・リンク