モーニングショードットTokyoのブログ

日頃、感じたことを素直に表現します!電気自動車やwebアンケート、メンタルヘルス、食べるもの・飲むものなどについて書いていきます!

スポンサード・リンクad

【アンケート!】あなたの家庭の外食・中食・内食、つまり食関係の支出は毎月どれくらいですか?(※月の全支出に対しての大まかな割合で)

f:id:tksm0031:20190412162723j:plain

,439通の送信に対し、回収数は158票となり1.8%の回収率となった。 調査期間は24時間。インプレッションによる回収率は5.1%となった。

 

※「インプレッション」と「エンゲージメント総数」情報を添付します。

 

f:id:tksm0031:20190412162741j:plain

今回の設問テーマは「あなたの家庭の外食・中食・内食、つまり食関係の支出は毎月どれくらいですか?(※月の全支出に対しての大まかな割合で)」だった。

 

今回の設問にはハッキリとは記していなかったが、全支出からの飲食費の割合になるので、皆さんよくご存じの『エンゲル係数』の質問になっていた。

 

「外食」は、外のファミレスやレストランで食事をすること、「中食」は、惣菜や弁当、テイクアウト商品を家に持ち帰り食べること、そして「内食」は、購入した食材を一から調理して家で食べることです。

 

この質問に対して、47%の人が30%以下と答えTOPを占めた。

 

年収ごとのエンゲル係数は↓のようになっています。

  年収 エンゲル係数
449万円以下 27.2%
449~582万円 25.6%
582~722万円 25.1%
722~903万円 23.5%
903万円以上 21.7%

引用元:総務省 統計局 家計調査

このパーセンテージから見れば、年収別であっても25%前後は変わらず、所得が増えた分、それだけ飲食費も伸びていることが分かった。

 

今回のアンケートで30%が一番多かったのも国が調べたものとほぼほぼ同じパーセンテージであったので納得がいくアンケートだった。

 

ただ、今回は回収数が158票と圧倒的に少なかった。多分これは計算しなければならないことから敬遠された感は否めない!

 

本来なら、サンプル数が300票なければ統計学上、世相を反映したアンケート結果とは言えないので、次回からは同じ轍を踏まないようテーマ選定に気をつけたい!

 

スポンサード・リンク

スポンサード・リンク

スポンサード・リンク

スポンサード・リンク