モーニングショードットTokyoのブログ

日頃、感じたことを素直に表現します!電気自動車やwebアンケート、メンタルヘルス、食べるもの・飲むものなどについて書いていきます!

スポンサード・リンクad

【アンケート!】あなたが毎月貯金できる金額はいくらですか?

f:id:tksm0031:20190410155236j:plain

,444通の送信に対し、回収数は549票となり6.5%の回収率となった。 調査期間は24時間。インプレッションによる回収率は12.7%となった。

 

 ※「インプレッション」と「エンゲージメント総数」情報を添付します。

 

f:id:tksm0031:20190410155252j:plain

今回の設問テーマは「あなたが毎月貯金できる金額はいくらですか?」だった。

 

第1位は、「5万円以下」が44%を獲得しました。

第2位は、「できない」の32%となり、両者は明暗をハッキリと分けた結果となりました。

 

今回のアンケートで、実に68%の人が1円以上50,000円以下で毎月 貯金をしている実態が明らかになったことは意外でした。

「できない」人が、残りの32%だったことから、ほぼほぼ7対3の割合なのが分かりました。

 

以上、今回のアンケートは下の参考資料のパーセンテージと似通っていることが判明しました。

 

(参考資料)

◆毎月の貯蓄額の目安

2017年の金融広報中央委員会の調査によると、手取り年収の約10~15%を貯蓄にまわす人が一番多く、全体の約20%ほどでした。ちなみに貯蓄をしなかった人の割合は全体の約30%です。 

例えば全国の平均手取り年収が487万円なので、その10%の48万7千円と15%の73万500円をそれぞれ12カ月で割ると、1カ月あたりの貯蓄金額は10%の場合で約4万1千円、15%の場合は約6万1千円となります。 月々の貯蓄を負担に感じる場合にはボーナスをまるごと貯蓄にまわすなど、1年を通して手取り年収の10~15%を目標に貯蓄ができるようコントロールするといった工夫をするとよいでしょう。

※出典:金融広報中央委員会『家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査](2017年)』

スポンサード・リンク

スポンサード・リンク

スポンサード・リンク

スポンサード・リンク