モーニングショードットTokyoのブログ

日頃、感じたことを素直に表現します!電気自動車やwebアンケート、メンタルヘルス、食べるもの・飲むものなどについて書いていきます!

スポンサード・リンクad

春はやっぱり四国八十八ヶ所「お遍路さん」!お遍路グッズ一式・同行二人~世界遺産化を目指して!~

f:id:tksm0031:20190322152937j:plain

(※上の画像は、平均的なお遍路さんグッズ一式画像です。)

私の四国八十八ヶ所お遍路さんグッズ一式です!約1万2、3千円で買い揃えました。

一番札所の「霊山寺(りょうぜんじ)」の隣にはお遍路グッズ一式を販売している店がありますから、そこで全て揃えられます。

上の画像には写っていませんが、「数珠(じゅず)」と「納経帳(のうきょうちょう)」が必要ですね!

  • 徳島県(阿波)は、『発心の道場』1番札所~23番札所
  • 高知県(土佐)は、『修行の道場』24番札所~39番札所
  • 愛媛県(伊予)は、『菩提の道場』40番札所~65番札所
  • 香川県(讃岐)は、『涅槃の道場』66番札所~88番札所

と言われています。

四国八十八ヶ所霊場会ホームページはこちら

 

 

白衣(びゃくえ)のポイント

白衣については、半袖と長袖がありますが、夏と冬で使い分けるのでは無く、冬でも半袖の方が両腕の取り回しが楽でツッパリ感が無いので、冬場でも「半袖の白衣」を着ている人が多いそうです。私は、その事前情報から「半袖」にしました。

また、この白衣で間違う習慣が今も結構あります。歩きでもバスでも自家用車でも交通手段を問わず、白衣を着たまま移動や参拝をします。お参りの時には「白衣」と「納経帳」に御朱印を頂きますが、その白衣は御朱印をもらうための専用のもので、普段、移動の時に着る「白衣」は上の画像の通り、最初から印刷されている「南無大師・・・・」のままのものを着ます!だから、普段着用と御朱印用の2枚必要なんです。なかには間違って、御朱印をもらった白衣を着て汚されている方がいらっしゃいます。

 

金剛杖のポイント

1.橋の下には、弘法大師様が休んでいるかもしれないので、絶対に「金剛杖」で橋の上を突いてはいけない!(※接着させてはいけない)

2.金剛杖は弘法大師様の化身なので、夜に宿が決まったら必ず杖の地面に触れる部分を丁寧に洗うおつとめがある。

 

必要最低限のモノがあれば、直ぐにでも出発!

  • 菅笠(すげがさ)
  • 輪袈裟(わげさ)
  • 数珠(じゅず)→上の画像には写っていません!
  • 金剛杖(こんごうづえ)
  • 白衣(びゃくえ)
  • 頭蛇袋(ずだぶくろ)又は、さんや袋
  • 納経帳(のうきょうちょう)→上の画像には写っていません!
  • 納札(おさめふだ)
  • 経本(きょうほん)
  • 線香・ローソク・100円ライター(若しくは、チャッカマン・固有名詞で申し訳ありません。)

その他には、季節に合わせた服装、雨具、歩きやすいウォーキングシューズ、水筒なども必要になります。

 

順打ちと逆打ち

四国八十八ヶ所を一番から回ることを、順番通りに回ることから「順打ち(時計周り)」。逆に八十八番から回ることを「逆打ち(反時計回り)」と言います。

基本的に、何番からはじめても良いものです。 

【ポイント!】

四年に一度の「うるう年」の順打ちは普段よりご利益があり、逆打ちは3倍のご利益があるそうです!

 

サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路は「世界遺産」なのに・・・

フランスとスペインにまたがる道の世界遺産!『サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路』があります。フランスとスペインが、それぞれ違う年に認定されたものらしいです。

四国八十八カ所もそれに準じて、世界遺産化を目指していますが、どうも先行きは芳しくかありません。それを知り合いの外国人に聞けば、圧倒的に違うところは、巡礼路の周辺の風景が変わりすぎている点でユネスコは二の足を踏んでいるのではないかとのことでした。

確かに、往年の遍路道は所々に残ってはいるものの近代化の影響で、道は整備され幹線道路となった「遍路道」には郊外型大型店が林立。どデカイ看板もあちらこちらに立っています。

もうこの時点でアウトらしい!

今から元には戻せないので、一部の昔の風景が未だに手付かずに残っている場所だけでも認定してもらうしかないのではないかと思う。

 

グッズの画像集

f:id:tksm0031:20190322153021j:plain

(※上の画像は、「菅笠」)

f:id:tksm0031:20190322153055j:plain

(※上の画像は、「金剛杖」)

f:id:tksm0031:20190322153120j:plain

(※上の画像は、「輪袈裟」色んな色があります。)

f:id:tksm0031:20190322153149j:plain

(※上の画像は、ちょっとシワが目立ちますが「白衣(半袖)表側」)

f:id:tksm0031:20190322153208j:plain

(※上の画像は、ちょっとシワが目立ちますが「白衣(半袖)裏側・背中側」)

f:id:tksm0031:20190322153232j:plain

(※上の画像は、「頭蛇袋(ずだぶくろ)又は、さんや袋」の表側)

f:id:tksm0031:20190322153255j:plain

(※上の画像は、「頭蛇袋(ずだぶくろ)又は、さんや袋」の裏側)

f:id:tksm0031:20190322153327j:plain

(※上の画像は、「頭蛇袋(ずだぶくろ)又は、さんや袋」の中に入れる主な物)

1.経本(きょうほん)←画像下の左側

2.納札(おさめふだ)←画像下の真ん中

3.線香・ローソク・100円ライター(若しくは、チャッカマン[商品名])入れ

f:id:tksm0031:20190322153352j:plain

(※上の画像は、線香・ローソク・100円ライター(若しくは、チャッカマン[商品名])入れ)

f:id:tksm0031:20190322153421j:plain

(※上の画像は、「教本」)

f:id:tksm0031:20190322153406j:plain

(※上の画像は、「納札」)

 

スポンサード・リンク

スポンサード・リンク

スポンサード・リンク

スポンサード・リンク