モーニングショードットTokyoのブログ

日頃、感じたことを素直に表現します!電気自動車やwebアンケート、メンタルヘルス、食べるもの・飲むものなどについて書いていきます!

スポンサード・リンクad

お手軽ダイエット飲料になるか?!注目のファミマの『グラスフェッド バター コーヒー』とは

f:id:tksm0031:20190319151452j:plain

『グラスフェッド バター コーヒー』は、今から約6年前の2013年にアメリカ人が飲むことによって、ダイエットに成功した体験談から商品化が進みました。

その後、この記事でも引用させてもらっていますが、コンビニ大手チェーンのファミリーマートが他の会社とのコラボ商品として、手軽に屋外や室内で楽しめるグラスフェッド バター コーヒーとして全国展開しているものです。私は、関係するどこの会社の者でもありません、純粋にこの商品の将来性を考える一消費者です。ご了承のほどを・・・。

それでは、メーカー側が説明している画像は以下の通りです!

『グラスフェッド バター コーヒー』とは

グラスフェッドバター・・・純粋に牧草しか食べずに育っている乳牛から生産される貴重なニュージーランド産のバター。ただ、この商品には注意書きで「牧草が十分に生育しない場合は、一時的に補助的な穀物飼料を与えることがあります。」とあるので、商品自体の個体差がありますが、どれくらいの率であるのかは明らかにされていません。【内容量: 大さじ約一杯含有

②MCTオイル・・・中鎖脂肪酸で構成されるオイルで、長鎖脂肪酸より吸収・分解燃焼が早いため体内に蓄積されにくいもの。【内容量:小さじ約一杯含有

③こだわりのコーヒー豆

 以上、3種類の食材で構成されたものです。

f:id:tksm0031:20190319151954j:plain

f:id:tksm0031:20190319151524j:plain

賞味期限

上の画像の通り、賞味期限は購入したのが3月19日なので、約2カ月以上ありました。

結構、長期間開封しなければ保存が効くものなのですね。

 

f:id:tksm0031:20190319151613j:plain

(※上の画像は、ファミマサイトの「グラスフェッドバター」の説明用画像です。)

f:id:tksm0031:20190319151627j:plain

(※上の画像は、ファミマサイトの「MCTオイル」の説明用画像です。)
f:id:tksm0031:20190319151637j:plain

(※上の画像は、ファミマサイトの「コーヒー」の説明用画像です。)

 

価格と種類

販売者はドトールコーヒーで、ファミマ通常価格は8%税込みで198円です。

また、種類は、「バターコーヒーオリジナル」と「バター抹茶」がありますが、最近、その上に、ガーナ産カカオ100%使用を使用した「バターココア」が新たに売り出されていますね。

f:id:tksm0031:20190319151822j:plain


f:id:tksm0031:20190319151708j:plain

糖質0と糖類0の違い!

この飲料は、健康増進法の規定に基づく栄養表示基準の規定により、糖質ゼロと言える基準は、食品100gあるいは飲料100mlに含まれる糖質が0.5g未満であることです。本商品にはコーヒー由来の糖質が若干含まれているため、糖質ゼロという表示はできません。(※ファミマ「キャンペーン」サイトのQ&Aから引用)

 

過去にアップした記事(生アンケート)「よく行くコンビニは?」

残念ながら、ファミマは第2位でした。

www.morningshow.tokyo

 

スポンサード・リンク

スポンサード・リンク

スポンサード・リンク

スポンサード・リンク