モーニングショードットTokyoのブログ

日頃、感じたことを素直に表現します!電気自動車やwebアンケート、メンタルヘルス、食べるもの・飲むものなどについて書いていきます!

スポンサード・リンクad

100%電気自動車LEAF(リーフ)は、スマホで「空調」や「充電」が遠隔操作できるEVアプリがある!電費を競うランキングも楽しめる!

f:id:tksm0031:20190314210303j:plain

今回は、LEAFの機能を遠隔操作できるスマホEVアプリを日産自動車が出していることに触れたいと思います。

アプリ名は、Nissan  Connect  EV です。(下の画像の通り)このアプリ画面はiPhone専用の画面周りになっているのでAndroid版は少し変わっている可能性があります。その節はお許しを・・・。

いたってシンプルな操作画面で、取説なしでも充分に取り扱える点がいい。

1枚目の画像の「機能」を順に画像を追って説明しますね。

気になる赤く塗りつぶしているところには、私の「アカウント名」があります。なので・・・。

このアプリとスマホはどんな方法で「繋がっているのか?」非常に興味があります。車内にスマホを置いている場合、Bluetooth®で音楽とか電話とか飛んできますが、そのスマホを遠く離れたところから、何も通信機器をのせていないLEAFまでどうやって通信しているのだろうか?!

それは、EV専用の専用車載通信ユニット(TCU)が搭載されているので、それを介してのデータ等のやり取りを行っているようです。

f:id:tksm0031:20190314210224j:plain

(※この画像は、スマホアプリについてです。)

f:id:tksm0031:20190314210348j:plain

「プラグ」マークをタッチすると、上の画像が出てきます。見た通りで本当にシンプルですよね。充電開始の確認画面です。OKなら、ポチっとタッチすれば・・・。

f:id:tksm0031:20190314210400j:plain

次に、上の画像は個人的には最大のウリと思っているんですが、どんなに離れていても遠隔操作で車内のエアコンのON・OFFができる優れものです。

ただ、ここで注意しなければならないことは、このアプリ操作でエアコンをONにした場合、最大で15分間しか「運転」しないようです。暖房も冷房も同じだと思います。

 

それは、私の経験則を取説を読んで初めて分かったことですが、納車されて間もない頃の夏、まだ小さな子供を乗せたままちょっと提出物(短時間で終わる用事だったので)があったので、中堅病院の駐車場にクルマを停め試験的に遠隔操作でエアコンの温度設定をして運転させました。念のため確認にいけば、冷風が吹き出しているのが分かりました。「これで大丈夫!」と思いまた院内に戻りました。

そして、用事を済ませクルマに帰ったところ、付けていたはずのエアコン(冷房)が切れ車内が普通にあったかくなっていました。これはナンゾや!!と思いましたが、何事もなく子供は無事でした(多分、20分位で帰ってきたので)。念のため直ぐにダッシュボードにある取説をみたところ、エアコン運転開始後、15分間で停止するとなっていました。

これは、確実に私の知識不足でした。このスマホのEVアプリの「エアコン遠隔操作」の意味合いは、乗る前エアコンというサービスの一環で、冬場、夏場の乗る前に少しだけ運転する時に使用するものだと知らされました。永遠と作動するものではなかったのでした!

私も購入してから気づいたのですが、100%電気となれば、エアコンも何もかも大容量なので使い放題のイメージがあったんですが、

実は、車内で使用する電気は、殆どがフロントに載せている他のガソリン車等にもある「12Vバッテリー」からの給電です。但し、急速充電や普通充電中のエアコンの電力は、ダイレクトにその充電元から回収しているようです。

車内の電気と言えば、各種アクセサリー(音響・インジケーターetc)、シートヒーター、車内灯などなどです。

車体の下の大きな「リチウムイオンバッテリー」からでは無かったのですね。

だから、無茶をすれば電気自動車なのに普通に「バッテリー上がり」があります。上がった時は、駆動システムを動かす電源が無いのでクルマは動かないのです。

これって、何か「原子力発電所」の「ディーゼル発電」の関係と良く似てますよね。

※下の画像です!

f:id:tksm0031:20190316072117j:plain

f:id:tksm0031:20190314210410j:plain

当然、上の画像の通り、エアコンの温度設定、開始日時(1分単位)の指定をして、事前予約もできます。

f:id:tksm0031:20190314211048j:plain

f:id:tksm0031:20190315143230j:plain

充電スポット満空情報もEVアプリを通じて、事前に確認できます。

この機能も優れもので、上の画像の条件で「絞り込み」検索が可能です。

f:id:tksm0031:20190314210505j:plain

ルートプランナー機能が上の画像です。例として、大阪市内から東京都内までを設定してみました。

ルート上の標高から充電ステーションの位置まで表示されています。満充電で出発してから、東京までは3回の満充電が必要ということですね。

f:id:tksm0031:20190315144046j:plain

続いて、上の画像は「運転履歴」の画面で、2019年3月の運転状況を表しています。多分、ほかの人とは相当「電費」的に悪い運転をしていると思います。

f:id:tksm0031:20190314210517j:plain

次は、タイトルの「競うランキング」にもありましたが、独特のLEAF乗りだけの「国内」「海外」で自分はどの位置にいるのか?!どんな荒い運転をしているのかを自覚してもらう?ためのランキングがあります。EVアプリ経由でサーバーに情報が送られ順位付けされているものだと思います。

私の場合は、国内も海外も目も当てられない順位です(笑)

f:id:tksm0031:20190314210528j:plain

私の16倍もの効率で運転されるリーダーって、どんな運転なんでしょう!?全く想像がつきません!

f:id:tksm0031:20190314210539j:plain

夏場、冬場に順位が落ち、電費も悪くなっているのは、多分、エアコンをつける時間が多かったせいだと思います。

f:id:tksm0031:20190314210549j:plain

f:id:tksm0031:20190314210559j:plain

ワールドランキングは上の画像の通りです。電車とかの車輛によくある「回生ブレーキ発電量」も記録されていますね。

 

www.morningshow.tokyo

 

スポンサード・リンク

スポンサード・リンク

スポンサード・リンク

スポンサード・リンク