モーニングショードットTokyoのブログ

日頃、感じたことを素直に表現します!電気自動車やwebアンケート、メンタルヘルス、食べるもの・飲むものなどについて書いていきます!

スポンサード・リンクad

Amazonアソシエイ卜で犯した大きな凡ミス!「アソシエイトID」と「トラッキング ID」の違い!親子関係!!間違えると成果報酬ナシだよ

f:id:tksm0031:20190311180310j:plain

 収益を求めるブログへのひとつの登竜門といえば、皆さんご存じの「Amazonアソシエイト」がありますね。今さら何をって?!思われてる方、2種類のIDがありますが知っていますか?(※愚問だったらごめんなさい!)

 実は、私は、最近 本格的に「はてなブログ」を初めて利用し復活しました。今回の復活劇の最中に「あぁそう言えば前にも別サイトでやってたなぁ!?」とサイトづくりをしながら徐々に思い出したのです。

 確かに、Amazonアソシエイトからは毎月決まったように、

Amazon アソシエイト・プログラム ID: 〇〇〇〇〇-22 の 12月 2018 月間レポート」なるメールが送られてきていました。当然、今はその当時のサイトは自然と?「閉鎖」され何の活動も行ってないはずですが、毎月レポートだけは送られてきていました。内容は、「送金額に満たない成果報酬のお知らせ」です。そのメールにあるURLで調べてみると、2004年4月8日の「支払履歴の確認」頃から利用状態にあったことが発覚しました。そこには、「未払いの紹介料¥12」の表示がありました。驚いたのは、まだ生きている。15年間何も活動してなかったのに生きていた!そっちの方が驚きでした。

 ただ、ここから私の悪夢が始まったんです。まだ生きているのを確認し「あぁこれで復活に向けて手間が少し省けた!」と思ったことで気が抜けたのです。

 

Amazonアソシエイト(プログラム)には、呼び名の違う「ID」があります!

(※それを混同すると大変な大失態になります。気をつけてください!)

  1. アソシエイトID(別名:ストアID) (例)〇〇〇〇〇-22
  2. ラッキングID          (例)■■■■■-22

※1.も2.も ?????-22は、「日本」を表す国番です。

※簡単に言えば、「アソシエイトID」は、「百貨店」

「トラッキングID」は、「百貨店に入る店子」みたいなもんです!

 そして、一旦申請して取得した「アソシエイトID」は、変更できません。

 また、過去の不要な「ラッキングID」も削除できません。

 そう、百貨店の名称は変えられないんです。

 だから、過去に申請して取得したアソシエイトIDは、いま作っているブログのコンセプトに合わなくてもそれを使用しないといけないのです。

 また、私のように既にURLも分からない15年前のサイトのトラッキングIDもそのままにしておく方法しかなかったのです!

 百貨店に、再び「お店」を出すには、新しいトラッキングIDを、TOPページの右上にある「自分のメールアドレス」をプルダウンして、出てくるホーム アカウントの管理 ラッキングIDの管理の下にある

 

「トラッキングIDを追加する」に新しいお店の任意の文字列を登録する必要があります。と、同時に、TOPページの右端にある「ヘルプ」のプルダウンの一番下にある「お問い合わせメールフォーム」で新たに、リンクバナーを貼るサイト情報を知らせる必要があります。

 

そうです、

 

「アソシエイトID」・・・親

「トラッキングID」・・・子 

の関係にあり、紐づけられているのです。

 

Amazonアソシエイト側としても、トラッキングID毎に「成功型報酬」を、支払うより、アソシエイトIDへまとめて支払う方が好都合なのですね。「ヘルプ」を噛み砕くとこんな感じになります。

私の犯した凡ミス

 私のような事例はそんなに無いので参考にはならないと思いますが、15年前に両方のIDを取得していて、今回新たにトラッキングIDをひとつ登録した。

 その後サイトに行ったり、リンクバナーを作成する時などは、2つのトラッキングIDを選択(※プルダウン←これが曲者です!)しなければならないのです。

 皆さんで、何店もお店をもって、生きている(サイトがある)ラッキングIDを持っているなら何も心配はいりませんが、私の場合、もう既に死んでいるサイトのトラッキングIDで「リンクバナー」を作ってしまっていたのです。これって最悪ですよね。まぁ、別件であるサイト主さんの失敗談を読んでいて、もしかしたら自分も・・・と思い確認したらやっぱり間違っていたんですね。

 また、そのプルダウンのデフォルトが、15年前のものが表示されているんですね。

私も気を付けていたのですが、ちょっと違うページへ飛んで、また戻ってくるとプルダウンは多分デフォルトに戻ってしまうと思うんですよね。それに引っ掛かってしまいました。(笑)

 トラッキングID自体が違っていれば、指標として捉え、改善したい点を表す各種レポートなども全く意味をなさなくなります。つまり、各個店の売り上げとか来店客数、どの売り場を良く見たのかの把握が困難になる訳です。これは困りますね。

 

 初めて、申請する場合は、アソシエイトIDとトラッキングIDは、同一の名称で作成されるので、全くこのような心配はないですが、私のように、1店舗目は閉店、2店舗目を新たに開店する場合には「プルダウンの脅威」に気をつけましょう!

 極めて、今回の私のケースはレアケースかもしれませんが、実際にあり得る話です。ただ、何回かリンクバナーを作成していくと、プルダウンメニューのデフォルトが外れるのかトラッキングIDは新店舗の方に何故か固定されます。

 

ヘルプの中にもありますが、「アソシエイトID」を変更したい場合は、

『既存のアソシエイトIDのもとにトラッキングIDを作成し、そのIDをご利用願います。』との文言があります。つまり、成功報酬の発生のタイミングは「商品が出荷された時」かもしれませんが、おおもとの判別するIDは、どちらかと言えば、「トラッキングID」が一番重要なのです。

 

【参考リンク】 

Amazonアソシエイト・プログラム  ヘルプ全般へ遷移

Amazonアソシエイト・プログラム  ヒント  「用語集」へ遷移 

 

 

 

 

 

スポンサード・リンク

スポンサード・リンク

スポンサード・リンク

スポンサード・リンク