モーニングショードットTokyoのブログ

日頃、感じたことを素直に表現します!電気自動車やwebアンケート、メンタルヘルス、食べるもの・飲むものなどについて書いていきます!

スポンサード・リンクad

春の訪れを告げる「ふきのとう」で「手抜き和え物」をつくってみたww

f:id:tksm0031:20190225145141j:plain

(↑自宅敷地に芽をだす「ふきのとう」・毎年2月上旬頃)

毎年、敷地内で「ふきのとう」が芽をだしていたことは知っていたが、今までは採りもせず放置状態であったが、今年はせっかく春を告げる山菜なので、おいしくいただくことにした。

f:id:tksm0031:20190225145207j:plain

(↑葉の部分のみを取り除いた残骸ww)

上のようなものを15株ほど摘み取り、天ぷらにはせずに、「和え物」にするため、「葉」の部分のみを取り、熱湯で5分ほどアクを抜くためひとつまみの塩を鍋に投入して茹でた。その後、直ぐに冷水に5分ほど浸し少ししめた。

それに、手抜き和え物とするため、「金胡麻ドレッシング」を使い和えた。

f:id:tksm0031:20190225145229j:plain

(↑市販の「金胡麻ドレッシング」)

 

f:id:tksm0031:20190225145256j:plain

 (↑市販の「金胡麻ドレッシング」で和えた「ふきのとう」)

山菜の中でも「アク」が非常に強いものなので、「苦味」が嫌いな人は茹で時間を十分にとる必要があるが、私の場合、約5分程度の茹で時間だったのが、どちらに働いたか分からないが、味見の結果、「少し苦味がある和え物」になった。子供の口には合わないだろうと思われる苦味だ。ただ、お酒の肴にはちょうど良い感じ。

 

スポンサード・リンク

スポンサード・リンク

スポンサード・リンク

スポンサード・リンク