モーニングショードットTokyoのブログ

日頃、感じたことを素直に表現します!電気自動車やwebアンケート、メンタルヘルス、食べるもの・飲むものなどについて書いていきます!

スポンサード・リンクad

地域の特長を活かした自然循環で無理なく進む「地域産業の活性化」~『素敵な宇宙船地球号』~

f:id:tksm0031:20190123065530j:plain

前、少しだけ一緒に仕事をした女性のT常務から、立て続けに3通のメールをいた

 

だいた。最初の出会いは「街づくり応援団」という組織をつくるために、市内N町の本

 

社へアポを取りお邪魔したことに始まる。昔、NHKの朝の連続ドラマにも採り上げられ

 

たT写真舘の常務である傍ら、色んなことに興味を持たれているようで、県内において

 

も各種会議で積極的なアイデアを出されている。最近、メールは少なくなり何かあった

 

のかなぁと思っていたところへ、いきなりメールが3通飛び込んできた。その内容は、

 

既に放送は終了しているが、「毎週日曜日、午後11時頃から放送されている『素敵な

 

宇宙船地球号』を必ず観て下さいね」というものだった。この番組を私なりに説明すれ

 

ば、「地球」を宇宙に漂う「宇宙船」になぞらえ、人間だけが高等生物で地球を意のま

 

まに使っていることを戒め、地球号の乗組員は、他の動植物や土、石など全てであり同

 

運命共同体なのだということを環境保護の面から深くテーマを掘り下げ追求するコン

 

セプトで成り立っている。私もたまにテーマによっては観ることがあるが、熱心にメー

 

ルをいただいたので、予約録画し万全の体制で観ることにした。何故T常務がそんなに

 

放送に力を入れているのかと言えば、今回は、全国的に有名になったあの「上勝町の彩

 

り」が華々しく採り上げられたことだった。タイトルは、「葉っぱをお金に変える町」

 

というもので既に同じ番組を観られている方もいるかも知れないが、全国津々浦々に特

 

色ある「つまもの産業」を轟かせたのは、やはり何と言っても、ココ上勝町だろうと思

 

う。私が思うに、何せ全てに「無理がない等身大の自然体」であるところが素晴らしい

 

の一言に尽きる。地元に点在する自然からの恵みである四季折々の葉っぱや木の芽、花

 

などを摘んできてはパック詰めし出荷する。この恩恵をこれから永続的にしようと思え

 

ば、やはり自然の循環に意識を持ち始め、「ゼロ・ウェイスト運動」に取り組む。これ

 

は本当に自然の流れでこうなったと思う。町内から出るゴミを2020年までにゼロに

 

する上に、どうしても処理しきれない生ゴミコンポストで堆肥化し、それを「つまも

 

の」が採れる木などの根元に撒く。そして、また1年後に「つまもの」として出荷す

 

る。こんな素晴らしい循環は無いのではないか。このように本当に自然の流れで街おこ

 

しが進んでいるのを目の当たりにしたら、やはり、流れに逆らった無理な策は、何れ何

 

処かに歪が生じ長続きしないのではないかと最近つくづく思う。地についた策を進める

 

には地元ならではの「特長」を最大限に活かし住民が一体となり無理なく循環させるシ

 

ステムが必要ではないだろうか。

 

スポンサード・リンク

スポンサード・リンク

スポンサード・リンク

スポンサード・リンク