モーニングショードットTokyoのブログ

日頃、感じたことを素直に表現します!電気自動車やwebアンケート、メンタルヘルス、食べるもの・飲むものなどについて書いていきます!

スポンサード・リンクad

『コミュニティ・ビジネス』のひとつ?!~具体的なモノ~

f:id:tksm0031:20190123184317p:plain

流になるであろう「コミュニティ・ビジネス」の先進事例について、2月2日に

 

もアップしたが、新たな取り組みをしている団体がある。

 

もう大分まえに、『スローフード』という言葉が流行ったのを覚えてないだろうか。

 

と、偉そうな事を言う私自身、当時この言葉さえ知らず、お恥ずかしいことに、

 

つい最近知ったくらいなんで、もしかすれば非常に当時でも流行ったとは言え

 

マイナーな言葉だったのかも知れない。

 

実は今回このイタリア発祥の「スローフードを上手くとり入れ、寂れた商店街の

 

弁当屋であった空き店舗を活用し、コミュニティレストラン(略して「コミレス」)

 

なるものを運営している地元では非常に有名なところがある。

 

斬新な発想で、「地産地消」を前向きに経営に採用し、イタリアのスローフード

 

(ファーストフードの逆)、中国・韓国の「身土不ニ(しんどふじ)」、など、

 

ほとんど同義語になるが、人間は生まれ育った土地と一体であり、そこで生産された

 

食材を口にするのが一番良いという教えを忠実に事業の理念とし進めていた印象が

 

深く心に刺さる。この店の一番の特長は、毎日のランチ約20食を、

 

「ワンデイシェフシステム」、2週間をワンサイクルとしアマチュアシェフが当番制

 

で自慢のランチをお店で提供するユニークなものだ。

 

こんな超地元密着タイプのにぎわい創出が、域内に数店ネットワークを組めれば

 

非常に面白い波及効果を醸し出すかもしれない。

 

スポンサード・リンク

スポンサード・リンク

スポンサード・リンク

スポンサード・リンク